蜂の巣駆除は時期で料金が変わる?ベストなタイミングに依頼しよう

凶暴化する時期

スズメバチ駆除を行なう際は、駆除を行なう時期によってスムーズに行なえるのかどうかが決まります。種類によって異なりますが、ほとんどが8月から10月までが攻撃性が高まっているのです。この時期に駆除作業を行なうと、襲われて被害にあうことがあります。他の季節に比べて凶暴な性格になっていますから、この季節に駆除したい場合は駆除業者に依頼してください。

料金が安くなるタイミング

スズメバチは冬になると活動しなくなるので、この時期になれば確実にスズメバチ駆除を行なえると思っている人が多いです。ですが、冬になると、蜂の巣にハチはほとんどいないので蜂の巣だけしか駆除できません。女王蜂は冬を過ごす際は、蜂の巣から出て土の中や倒木で過ごして春まで蜂の巣に戻ることはありません。働き蜂は冬を越せず、巣の中で絶滅してしまうので他の季節に比べて退治しやすいでしょう。

寒い冬がおすすめな理由

ただし、冬ならば絶対安心というわけではありません。この時期、子供が蜂の巣に近づいてしまうことがありますが、11月や12月などの冬に入ったばかりの頃は、まだ働き蜂が生息しているので襲われる危険があるのです。子供がいる家庭では、蜂の巣に子供を近づけないようにしたうえで、真冬になってから駆除を依頼することが重要でしょう。

Back To Top